【住宅ニュース】ご家庭での年末の大掃除について

こんにちは、コスモ住研です。

ますます厳しい寒さが続くこの頃。
年末ともなると大掃除の計画を考えるご家庭も多いのではないでしょうか。
今回は今から役立つお掃除ポイントもご紹介しながらお話したいと思います。

まず大掃除はここからスタート!

大掃除昔からよく言われるのは上から下へお掃除すると良いと言われていますね。

ついつい掃除機からかけてしまいがちですが、せっかくキレイになってもお掃除しているうちにホコリが落ちてきてしまいます。

まずは、天井、シェードランプやシーリングライトの照明にたまるホコリや換気扇など
自分より高い位置にあるところのお掃除をスタートしていきましょう。

手が届きにくい天井などはハンディ-モップやフロリングワイパーにドライタイプのシートをつけてホコリや汚れを落としましょう。

普段やらないところを重点的に!

筆者が考えた普段お掃除しないところとお掃除ポイントを簡単にまとめてみました。

リビング・ダイニング

●テレビの裏・PCまわり
ハンディモップを使ってラクラクお掃除。画面についた手垢などはメガネふきを使用すると脂汚れに効果を発揮します!

●照明器具
ランプシェード傘の上はホコリをモップなどで落としてから、住居用洗剤、もしくは薄めた中性洗剤で水拭き、空拭きしましょう。
シーリングライトの場合は、電気を消してからセードを外し、中にたまっている虫をティッシュで集めて捨てましょう。
セードは浴室や外で丸洗いしてよく乾かしましょう。

●スイッチ・リモコン・ドアノブ
手垢でいっぱいなので、住居用洗剤や薄めた中性洗剤を含ませた布でふきとりましょう。綿棒をつかえばリモコンスイッチの細かな汚れもかきだせます。

キッチン

●シンク
メラミンスポンジでこすると水垢がキレイに落ちますよ。こびりついた汚れは重曹を使用しましょう。

●排水溝
重曹をかけてからクエン酸をかけると発泡して炭酸が出来上がり、汚れが落ちやすくなります。

●コンロ・グリル
五徳は重曹を入れた鍋で沸騰させてつけおき、ガスレンジ中性洗剤をかけたものにラップでパックしましょう。
その際、ガス機器に入らないように気をつけてくださいね。

浴室

●鏡
クエン酸をふきかけたあとラップでパックし、放置した後、スポンジで拭き掃除します。
●タイル・壁
歯ブラシや浴槽スポンジを使って浴室掃除用洗剤でこすり洗い。
傷がつかないように力をいれすぎずこすりましょう。傷が入ってしまうとそこにカビや汚れがついて落としにくくなってしまいます。

トイレ

●壁
意外と汚れているのが低い位置の壁周りです。水を流す時に飛び散った水しぶき、男性がいる家庭では尿の付着など汚れています。
トイレ用洗剤で拭き掃除はもちろん、セスキ炭酸ソーダとメガネ拭きクロスを使うと黒ずみや黄ばみもとれやすいです。

●フチ裏

見えにくい汚れですが、尿石汚れがたっぷりつきやすい場所です。
トイレ用ブラシでこすりづらいところはゴム手袋をした上で、トイレットペーパーに含ませたトイレ用洗剤でこすると良いですよ。

ポイントを絞ってお掃除!

お家の間取りや広さ、汚れ具合、お掃除頻度によって変わりますが、一度にたくさんの掃除ってけっこう大変ですよね。

やる気になってもいざスタートするとあちこち気になってきて終わらない・・・なんてありませんか?
年末に時間がある方は計画的に、今日はリビング、明日はキッチンなど順番と目標を決めて行うとよいでしょう。

ご家族でお掃除するときは、分担するのもよいですね!

家づくりに関するご質問はお気軽に!

関連記事