【住宅ニュース】冬に多いヒートショック予防策

こんにちは、コスモ住研です。

11月ともなるとぐっと気温が下がって、分厚いコートが必要になってきましたね。
みなさん、体調は崩されていませんか?

一日の疲れを癒す入浴タイムは寒い冬こそゆっくり湯船に浸かって温まりたいものですよね。

今回は冬に多く発生しがちな「ヒートショック」についてお話したいと思います。

そもそもヒートショックって何?

ヒートショック「ヒートショック」とは、急激な温度変化が体に及ぼす影響のことです。

寒い時期に多く、冬場の入浴は温度の変化により血圧が急激に上昇したり下降したりするため、心臓や脳に大きな負担がかかることがその要因です。
失神、ひどい場合には心筋梗塞・脳梗塞などになります。
今日、家庭内で死亡する高齢者4分の1はヒートショック死と言うデータが上がっているほどです。

特にヒートショックが起こりやすいのは体の弱い高齢者や高血圧の方、熱いお風呂が好きな方なので、これにあてはまる方は注意が必要ですね。

冬場、寒い脱衣所で服を脱いで裸になり、冷え切った浴室に入ると血管がびっくりして縮み、血圧が急激に上がります。
その状態で熱いお湯に浸かれば、さらに血圧が急上昇します。

しかし、体が温まることで血管は広がりだし、今度は逆に血圧が下がってしまいます。
このような血圧の乱高下が心臓に大きな負担をかけて、ヒートショックを招くのです。

 

今すぐできるヒートショック予防対策は?

1.浴室や脱衣所を暖めてから、急激な冷えを感じないようにする。
急激な冷えを感じることで、体へのダメージが大きいため、服を脱ぎ肌が露出する脱衣所と浴室の室温は温度差を減らすように心がけましょう。
シャワーを活用しましょう!
熱めのシャワーを高めのシャワーヘッド位置から浴槽内へ出し、蒸気を発生させて室内を暖めましょう。

脱衣所は暖房器具や、他の部屋からの暖かい空気等を使いましょう
脱衣所が居間近くにある場合は、入浴前に扉を開けて暖かい居間からの空気を脱衣所へ送るようにしましょう。

脱衣所が居間近くになかったり、浴室暖房器具がない場合は、ストーブやヒーターを活用しましょう。
ただ、居間用のものは廊下で短時間の活用をし、注意が必要です。

2.身体に負担がかからない湯温、入浴の仕方を心掛ける。
熱すぎない「38〜40度」の湯温がよいです
42度を超えるようなお湯は血圧の急激変動の原因となります。
38~40度程度のぬるめで、まずはかけ湯から始め、半身浴を中心にゆったりと入浴するようにしましょう。

一番風呂は避けましょう
家族が入浴したあとは浴室と脱衣所が比較的暖まっているため、着替えや洗い場での冷えからの負担を減らすことができます。

入浴時間はなるべく日没前までにしましょう
冷え込みが始まる日没後~深夜にかけてだんだんと寒暖差が広がります。
特に高齢者の方は日中から夕方など、できるだけ日没前や早め時間の入浴を心がけましょう。

食後すぐや飲酒時はNGです
血圧の変動が大きくなりやすい、食後すぐや飲酒時は入浴を控えましょう。
また、入浴時の発汗で体内の水分が排出されますので、あらかじめ水を飲んでおき、血液の粘度が上がるのを防ぎましょう。

3.着替え方や衣類で入浴前後の冷えを防ぐ
浴室内で脱ぎ、拭き、着る
肌着や下着はいったん浴室内に入ってから脱ぐようにすると、寒さをかなり防ぐことができます。
入浴を終えた際も、浴室内にバスタオルを持ち込んで濡れた体を拭き、下着や肌着を着るのが望ましいでしょう。
肌着を1枚身に付けることで体感温度が変わり、冷えやすい入浴後の身体を守ってくれますよ。

これから建てるときにはぜひ高気密高断熱の家を

コスモ住研では長期優良住宅外断熱の家づくりを行っています。
壁体の外側に断熱材を設けるアキレス外断熱工法は、優れた断熱性・機密性により住まい全体が魔法瓶のようになるため、冷暖房効率も上がるなどたくさんのメリットがあります。

家づくりに関するご質問はお気軽に!

関連記事