可変性のある家

家族とともに成長していく可変性のある家

S&I人間の生活の中には、子どもの誕生や成長、ご両親の同居等様々なライフステージの変化があります。
このライフステージの変化に対応していくためにはお家の可変性が重要なものになってきます。

コスモ住研のつくる家は、S(スケルトン)&I(インフィル)の家
つまり、暮らしの変化に合わせて、間取り変更が容易に行える住まいです。

S(スケルトン)は建物の構造躯体部分、I(インフィル)は住戸内の設備・内装のことを指します。
そしてS&Iとは、高い強度の構造体と可変性の高い間取りや内装設備部分を区分してつくる技術のことを指します。
定期的なメンテナンスで構造体を長持ちさせ、内側は変化に応じて自在に変えてゆく。
これが、「住宅の長寿化への取り組み(200年住宅)」のベースとなる建築手法です。
S&Iの可変性こそ、末永く暮らせる家づくりには欠かせない重要なポイントなのです。

 

強くて長持ちの構造体で大満足の空間自由度を実現

S&Iの家は、強靱で耐久性に優れた構造体を備えていることが第一の条件です。

しかし、コスモ住研はこれだけにとどまりません。
高耐震・高耐久はもちろん、空間の自由度も1ワンランク上のS&Iの家を実現しました。
そのため、お客さまの要望に沿った、お客さまだけの最適なお家をつくることが可能です。
どんな些細なことでも私たちにお聞かせください。
その想いを形にしてみせます。

 

イメージしてみましょう
プランA

S&I余裕のあるリビングが特徴で、2階の2ドア1ルームは世代に応じて自在に変更が可能です。
夫婦二人で楽しく、ゆったりと暮らす20代。
子供中心の暮らしに移行し、家族のコミュニケーションが最優先となる30代。
そして子供が成長し、親世代も一緒に暮らす40代へ。

1階の広いリビングの一部と、2階の2ドアルームを上手にアレンジしながら、ライフステージに合った住まいに変えていく。
家族全員の笑顔をつなぐ、フレキシブルなプランです。
(右の画像をクリックすると大きい画像でご覧いただけます。)

 

プランB

S&I仕切り壁の取り外し、キッチンの増設で二世帯の暮らしまで柔軟に対応できるプランです。
余裕たっぷりの夫婦二人暮らしの20代から、子供が誕生して成長し、それぞれの個室が必要となる40代。
さらに息子夫婦と一緒に暮らす60代までをシミュレーション。
仕切り壁の取り外しや稼働収納の活用、キッチンの増設で家族構成やライフスタイルの変化にも柔軟に対応可能です。

空間を自由に変化させつつ家族の暮らしに寄り添う、愛着の湧く住まいです。
(右の画像をクリックすると大きい画像でご覧いただけます。)